Skip to main content

Mr. Twin Sister, Ava Luna @ Warsaw ーグリーンポイント

Mr.Twin sister, Ava Luna @ Warsaw ーグリーンポイント


5月も中盤になり、気温もグンと上がった金曜日の夜は、NYのインディシーンを盛り上げる2バンドのショーに行って来ました。ロングアイランドのミスター・ツインシスターとブルックリンのアヴァルナです。彼らは10年以上のキャリアを持つ中堅バンドです。

彼らは、10年前から一緒にプレイしていて、一緒に成長して来たと言っても過言ではありません。




彼らの初期のインタビューです。こんな感じだったのですね。

Twin sister (最初はMr付いてません)

http://www.thedelimagazine.com/band-interview.php?artist=twinsister


Ava Luna

https://issuu.com/mrgrieves/docs/deli-nyc-29


アヴァルナは、日本帰りの初ショーで、相変わらずバキバキのグルーブ感の中、地元の友達に囲まれ、リラックスした雰囲気でのショーでした。ミスター・ツインシスターは、中心女子アンドレアを中心とした5人組、今回は、泥パック的メイクをして、天使の羽をつけていました。楽曲は、アーティでドリーミーで、サックスが入る度に、割れるような拍手が起こりました。彼らの声を反映しているのか、観客はゲイが70%で、20代後半辺りの、今時ミレニアム達でした。女子はロングヘアが多かったです。



























会場は、「ピエロギがパンクと出会う場所」、と言うテーマを掲げる、ポーリッシュ・ナショナルホーム内にあるワルシャワ。500人ぐらい収容できる箱です。ここは私がNYに来た当初からあり、最初に見たショーは、2000年のライトニングボルトで(その時はまだワルシャワになってませんでしたが)、その後もライアーズ、ディア・ハンター、ブロンド・レッド・へッドなど、インディ優等生達を良く見ました。最近はアメリカン・フットボール、ローリング・ブラックアウツ・コスタル・フィーバー、タイシーガル、オーシーズなどがプレイしています。






中は、まさにポーランドのナショナルホームで(結婚式などのバンケットホール)、ポーランドの香りがします。タイトル通り、小腹が空いたインディゴーアー達がみんなピエロギを食べてます。ビールはもちろんポーランドビールで、Zywiekの缶が沢山ありました。ポーランドのビールは、なぜかレーベルが赤と白なのです。






バンドの物販は、レコード、CD、S&L SLV Tシャツ、アーティスト本、ポスター、人形、更にイヤリング、シーソルトなどの生活用品まで売られていました。もはや、何屋なのか分かりません。










ポーリッシュビールを飲み、ピエロギを食べ、ライブミュージックを鑑賞するなんて、最高の夜ですね。グリーンポイントに来たら、サクッと寄りたい会場です。バワリープレゼンツがブッキングをしているので信頼出来ます。



Warsaw (at polish national home)

261 Driggs ave

Brooklyn, NY 11222

212-777-6800

http://www.mercuryeastpresents.com/warsawconcerts


Yoko Sawai 

5/18/2019


By

http://4533studio.nyc/


What’s honeys tuesday:


http://4533studio.nyc/honeystuesday.html

Comments