Skip to main content

Posts

Showing posts from August, 2019

Beer Street (ビア・ストリート)ーウィリアムスバーグ

Beer Street ( ビア・ストリート ) ーウィリアムスバーグ ウィリアムスバーグのグラハム・アヴェニューとウィザース・ストリートの角にひっそりと佇むビア・ストリート。クラフトビール好きに親しまれるウォーターホールです。普通のバーは、うるさいし、ごちゃごちゃしていますが、ここは真のクラフトビール好きが集まり、丁寧に選りすぐり選ばれたビールを肴に、知識深いスタッフの話を楽しむ事ができます。 ロングアイランド出身の Josh Meckes と Cory Bonfiglio が 2012 年に、グローラーとボトルショップとしてオープンし、 2014 年にバーに改装しました。 彼らの選ぶのは、タップは地元 NY のブリュワリー、缶やボトルはイタリア、日本、ベルギーなど世界中からの物が揃っています。お客さんは 65 %が近所の人で、 35% は、珍しいビールを求めてやってくるビアナード観光客で、スタッフとの話を求めてきます。 Kcbc, Grimm, fifthhammer, finback, otherhalf など、見覚えのある NY のブリュワリーが並んでいて嬉しくなりました。   なので、入ると誰かの家のようなリラックスした雰囲気で、美味しいビールを片手に、本を読んで静かに 1 日過ごしても問題ないのです。こう言った落ち着けるバーは、 NY は以外と少ないのです。 静かに、美味しいビールを楽しみたい時に、訪れたいバーです。 Beer Street 413 Graham Avenue  Brooklyn, NY 11211 https://www.beerstreetny.com Mon-Thu 5 pm -1am Fri 5 pm - 2am Sat 2 pm - 2 am Sun 2 pm - 1 am  Yoko Sawai 8/30/2019 By http://4533studio.nyc/ What’s honeys tuesday: http://4533studio.nyc/honeystuesday.html

750 Myrtle Diner (750マートルダイナー)ーベッドスタイ

750 myrtle diner (750 マートルダイナー ) ーベッドスタイ G トレインのマートルウィロビー駅を降りると、殺伐とした雰囲気が漂います。近くには、有名なプロジェクトがあり、スーパーマーケットに寄ると、缶しか並んでいません。新鮮な野菜や肉は手に入らないエリアなのでしょうか。駅から少し歩くと、白いカーテンで覆われた 750 マートルに着きます。 私の知り合いが、少し働いていたのですが「とても美味しい」といつも言っていたのを覚えています。 中には、自家製の梅酒やレモン酒が並び、リサイクル出来るペーパープレートがエレガントに並びます。 Wasara というブランドで、キチンと取手も付いて、形もバラエティがあります。 ドリンクは、ドラフトはオリオンビール、コシヒカリ越後、金沢、柚子エールなど日本のビールがメイン。自家製梅酒、スパークリング酒、ワイン、ジンロカクテルなど、が並びます。 フードは、日本食をツイストし、モダンなアメリカンーヨーロピアン風になっています。アパタイザー、メイン、しめ、そして本日のオススメからメニューは成り立っています。今日のオススメは牡蠣バター。チキンディッシュが沢山あり、どれにしようか迷いましたが、最初なので、オリジナルフライドチキン (w カボス ) を頂きました。 その他、 黒枝豆、明太子ズッキーニ、キュカンバー・チャイニーズサラダ、ダックタタキ、グリルド・ラム、カンパチ寿司、色々オーダーしましたが、チキンやダックは自分達でさばいているとの事で、とても新鮮で、普段はダックやラムは苦手なのですが、全く臭みもなく、ダックは、ガーリック、玉ねぎ、アルグラと、ラムはイチジクジャムとで美味しく頂けました。ご飯物は、おにぎり、カニフライドライス、一口カレー、親子丼、チキン丼、コールド蕎麦など、選択があり過ぎ迷いました。 どれもとても新鮮で美味しく、この近所のスーパーが缶だけなんて信じられないですが、次から次へと、近所の人たちが、ふらりと夕食を食べにやってきて、だからこの地域のダイナーなんだな、と感じました。 750 Myrtle diner 750 Myrtle ave Brooklyn, NY 11205 Tue-fri: 6 pm -10:30pm Sat, Sun: 12-2:30

Grimm Artisanal Ales (グリムエール) ー イーストウィリアムバーグ

Grimm Artisanal Ales  (グリム・アーティサナル・エールス)ーイーストウィリアムスバーグ ブルックリンークイーンズには、沢山のマイクロブリュワリーが出来ています。アザーハーフ、フィンバック、kcbc、5th ハマー、イヴィル・ツイン、インターボロ、グリーンポイント、LIC、ブロンクス、ロッカウェイ、、、。その中でも、よりアーティストよりのグリム・エールを紹介します。グリム・アーティサナル・エールズは、2013年にJoeとLauren Grimmによって設立されました。アメリカ職人技ビール革命の創造的、実験的精神を持つ、エレガントなエールを専門とし、最大限の深さと複雑さでビールを作るために、スタイルと味の境界を推進しています。彼らは、10年間もの間発酵に集中し、実験し、既存のブリュワリーを訪ね、ノマド生活でアーティフィシャルなビールを作っていました。 JonとLaurenは、2005年にプロビデンスで出会い、彼らの実験は始まりました。ミード、ハードサイダー、コンブチャ、カヴァス、ジンジャービア、そしてベルギーで音楽をプレイしていた彼らの興味は、ベルギー・スタイルのビールに変わっていきます。 アメリカに帰ってきてから、彼らはホップ、モルト、イーストの質や違いを試しながら、自分たちの好きなアロマや味に近づけていきました。音楽とアートの練習のように、ビール作りを真剣に研究し、5ガロンのビールを自分達のアパートで作り始め、友達にあげていました。 さらに多くの人達が彼らのビールに興味を示し、シカゴで彫刻や音楽アートを勉強していた時に、ギャラリーイベントや音楽イベントなどでビールを提供し始めました。それは上手くいき、もっと大きなコミュニティにビールを届けたいと思い、彼らが東海岸に戻ってきて、2018年にGrimm alesをオープンしたのです。というわけで彼らは、もちろんハニーズのマスター、ラファエルともプロヴィデンス仲間であります。プロヴィデンス強し。 フードはロリマーにあるSamesaが提供 アーティストだけあり、味はとてもアート的。私が好きだったのはsuper supruce。なんとも言えないフルーツと木の味がする、スッキリした飲み心地で、ビールの観念が変わります。その他にもパッションフルーツのサワービールや、グアバとラズベリーのホッ

番外編 Analog Underground (アナログ・アンダーグラウンド)ープロヴィデンス

番外編 Analog Underground ( アナログ・アンダーグラウンド ) ープロヴィデンス, RI 今回はNY以外の番外編が続きます。NY からバスで 4 時間半、ニューイングランド地域に、アメリカで一番小さい州、ロードアイランド州プロビデンスはあります。 2000 年に、この場所にストリング・ビルダーというバンドの展示会を見に来て以来、何度となく訪れる町です。 ブラウン大学や RISD(Rhode island school of design) などの大学がある学生街で、ダウンタウン、ウエストサイド、オルネイヴィルなどの地域があります。 アナログ・アンダーグラウンドは、 ベーカリー、ピザ屋、パスタショップなどがあるイタリアン地域 ( フェデラルヒル ) にあります。 2011 年にオープンした、プロビデンスで一番と言われるレコードショップです。 ここはインディロックからディープカットなどほぼ全ジャンルを扱い、ヴァイナルがメインですが、レコードを売るだけではなく、人がやってきては、また人がやってきて、というコミュニティハブになっています。 これというのも、オーナーの Dave Lifrieri のフレンドリーなキャラクターにあります。彼は DJ Analog underground という名前で、プロビデンス市が主催する野外ショーをブックしたりもしていました。 日本のシティポップのレコードがディスプレイされ、新しいレコードから中古まで沢山勢揃いしています。 この間行った時はアシッドマザーテンプルの話で大盛り上がりして、少しいるつもりが、何時間も長居してしまうという、何とも心地よいレコードショップなのです。プロビデンスを訪れた時は、AS220と共に是非。 Analog underground 504 Broadway Providence, RI 02909 401-274-4123 Yoko Sawai  8/25/2019 By http://4533studio.nyc/ What’s honeys tuesday: http://4533studio.nyc/honeystuesday.html