Skip to main content

クライメートウィークNY2019 9/23-9/29


クライメートウィークNY2019 9/23-9/29


先週の金曜日9/20、ブロードウェイを歩いていると、若者ばかり、すごい行列が出来ていた。またアイドルか何かのサイン会かな、シュプリームかキースが、新しいアイテムをリリースしたのかな、ぐらいにしか見ていなかったのだが、後で聞くと、クライメート・ストライクのデモ行進だった。


https://gothamist.com/news/liveblog-nyc-students-go-strike-demand-action-climate-crisis




Via gothamist


オーストラリア、インド、ドイツ、イギリスなど全世界150カ国で行われるクライメート・ストライクの一つで、NYの生徒達はこの日は、ストライクに参加するため、クラスを休む事が許されている。





Via gothamist 

12時にバッテリーパークのフォーレイスクエアからスタート。16歳のスウェーデン人のアクティビティスト、グレタ・トゥーンベリも参加し、「天候は、私達が思うより、早く変化している。私達の親がした事と、反対の事をしなければならない。今アクションが必要なのだ」とプラカードを掲げ、NYの道を練り歩く。

すでにヒーロー扱いの、グレタ・トゥーンベリは、9月上旬に、二酸化炭素を排出しないヨットに乗り、2週間かけてヨーロッパからNYに到着した。彼が主張する為に、わざわざ大西洋を渡らないといけないなんて、狂っている、と。正にその通りだし、今若者は、ソーシャルメディアとテックツールを使いつつ、真剣に物事を捉えている。彼らには、前世代のように夢を見ている暇はなく、恐れも知らない。親たちの尻拭いをしているとも言うが、ゆっくり考えるより、行動するしかない。NYにいると、こう行ったデモ行進によくぶつかるし、彼らのなんとかしなければ、と言う訴えが、突き刺さる。




Via gothamist


https://gothamist.com/news/photos-greta-thunberg-nyc-climate-strike



今日、イーストハンプトンに住んでいる友達から、今NYにいる、と連絡が入った。仕事を休んで、UNのクライメートウィークに参加しに来ていたのだ。彼はとても興奮していたし、手応えを感じると言っている。


https://www.climateweeknyc.org/



トレーダージョーズやホールフーズでは、プラスティックバッグはもうないし、スターバックスではストローもない。大多数のマーケットでは、プラスティックの容器は廃止し、全て紙になっているし、意識の高い人が多いNYは、これが普通なのだろう。因みに、私がたこ焼きパーティを毎月やっているブッシュウィックのバーの、ストローはパスタだし、たこ焼きのお皿は竹である。



普段の生活からこうなので、道を歩いていると、デモにぶち当たり、今何かが変わろうとしているのだな、と、いやでも気づかされる今日である。ベネフィットショーが行われ、沢山のサミットやイベントがあり、今週はますます、NYが一つになるのが見えた。



Yoko Sawai

9/23/2019

Comments