Skip to main content

Taste of Iceland- kælan mikla, sólstafir - Reykjavik calling in Brooklyn Brewery - Williamsburg (ティスト・オブ・アイスランドーカレンミクラ、ソルスタフィアーレイキャヴィックコーリング) ーウィリアムスバーグ

Taste of Iceland- kælan mikla, sólstafir - Reykjavik calling in Brooklyn Brewery - Williamsburg 

(ティスト・オブ・アイスランドーカレンミクラ、ソルスタフィアーレイキャヴィックコーリング) ーウィリアムスバーグ




毎年9月の中旬にNYやってくるテイスト・オブ・アイスランド。

アイスランド・ナチュラリーがオーガナイズする、アイスランドの文化を世界中に伝える課外活動で、5日間に渡り、ファッション、ドリンク、フード、文学、アート、映画、音楽などのショーケースをNYの様々な場所で行う。大体がブルックリンのウィリアムスバーグ、グリーンポイント、ブッシュウィックで行われ、今はなき、ノースサイド・フェスティバルに近いものがある。

http://www.ele-king.net/columns/regulars/randomaccessny/002222/




NYの他にはシアトル、トロントにも行く。2013年にアイスランド・エアウェイズに行き始め、すっかりアイスランドの音楽にはまってしまったが、このテイスト・オブ・アイスランドがNYに来るようになり、はるばるアイスランドに見にいっていたバンドが、向こうからNYに来てくれるようになった。と言うわけで、去年からアイスランドではなく、コペンハーゲンに行き始めたのだが、さて今年はどうしよう。












今年の音楽部門-レイキャビック・コーリングは、女子ダーク・エレクトロのカレン・ミクラと男子ポスト・メタル・バンドのソルスタフィア。


会場はブルックリン・ブリュワリーと言うビール工場という変わり種だが、キチンとステージを設置し、サウンドシステムも申し分ない。フリーと言う事もあり、メタルヘッドやアイスランド人がぎっしり集まっていた。NYに住んでいるアイスランド人に、一斉に会える良い機会である。




最初のカレン・ミクラはアイスランドで何度か見ていたが、ダーク・ウェイブパンク・エレクトロの女の子トリオで、アイスランド美人揃い。今回は、1ヶ月に渡る初アメリカ・ツアーを発表した。エアウェイズの常連である彼女達を、アメリカで観れるのは嬉しいのであるが、またアイスランドに行く理由が少なくなる。




ソルスタフィアは、1995年に結成されたアイスランディック・メタルバンド。最初はブラック・メタルバンドとしてスタートしたが、現在は、ポストメタルバンドとして活動している。ドラマー以外は、みんなロングヘアで、髪を振り乱し、でも、耳障りなうるささはない、と言う絶妙なバランス。ドラマーは、ダーティ・プロジェクターズのディブそっくりで、思わず何度か凝見してしまった。隣に座っていたオハイオから来ていると言う、パイロットの女の人は「金髪のロングヘアはなかなかいないわねー」とガン見だったし、日本人の女の子は「X-Japanみたい」と、前の方はきまったメタルヘッド達が、唸り叫ぶという、違う盛り上がり方をしていた。

最後には、みんな一列に並んでお辞儀し、ショーは終了。たくさんのファンに囲まれ、サインをしていた。












そのショーで、アイスランドのアイコニックレコード屋のオーナーにばったり。NYでは会うのは初めてなので、思わず大感激だが、実は1日前に、アップステイトにハドソンで、Johann Johannsson‘s “Virðulegu Forsetar” の北アメリカプレミアがあり、それで来ていたらしい。アイスランド・リユニオン気分に後ろ髪引かれながら、やっぱり今年のエアウェイブスも、行ってしまいそうである。





Yoko Sawai

9/15/2019



https://icelandnaturally.com/event/taste-iceland-new-york-city-2019/


https://www.facebook.com/events/484558845707428/?ti=icl


Yoko Sawai

9/15/2019

By

http://4533studio.nyc/


What’s honeys tuesday:


http://4533studio.nyc/honeystuesday.html

Comments