Skip to main content

Posts

Showing posts from October, 2019

Shintaro Sakamoto @elsewhere 10/20/2019ーブッシュウィック

Shintaro Sakamoto @elsewhere 10/20/2019ーブッシュウィック
元ゆらゆら帝国の坂本慎太郎のショーがブルックリンのエルスホエアであった。ショーをしないことで有名な彼のショーと言うだけあり、チケットはすぐにソールドアウト。



私は、ゆらゆら帝国はミーのカーを聞いて、ちょっと異変なバンドがいるんだな、と思い、名前はしっかり覚えたが、そこまでフォローしていなかった。その後、坂本さんのソロがアザーミュージック・レコーディングスからリリースされた事で、アメリカ人にも人気が高かった。日本語で歌う彼が、どうしてここまでアメリカで認知されているのか、興味深かった。

そして坂本慎太郎がNYに来る、と周りが騒ぎ出し、私達は3ヶ月前から、この日をリザーブしていた。エルスホエアは、普段より厳重なセキュリティで、動きが取れない程の混み具合だった。オープニングのsessa のゆる〜いブラジリアンミュージックで肩の力を抜き、期待感が高まった所で、坂本さんの登場。カジュアルだがスーツ姿で、ドラム、ベース、ギター、そしてフルートやサックスや、様々な効果音担当の4人編成。安定したリズム隊に、坂本さんの、ストレートに行かない歌詞と敏腕ロンサムギターが響き、フルートやサックス、グイロ、マラカスなど効果音が足されると、より声援は大きくなる。ドラムはラウンジージャズっぽく、ベースはスペーシー、そして曲はトロピカルというかグニャっとしているというか、坂本さんのチャーミングな声とコーラスは美しい聖歌隊のようで、重いのか軽いのか、今まで聞いた事のない、サイケデリック変則的曲が面白かった。ギターが轟くたびに、効果音が入るたびにオーディエンスから大歓声が起こり、ヨラテンゴなど、たくさんのミュージシャン、アーティストたちも見にきていた。最初から最後まで、坂本慎太郎の世界が詰まっていた。














物販は、CDやレコードの他に、坂本さんのスケッチブックも売られていた。ビーチで寝転がっているガイコツ顔のメンバー4人というトロピカルアートTシャツと、750枚のスケッチを集めたブックも販売していた。



アメリカはサンフランシスコ、シカゴ、NYの3公演だけらしかったが(LAのDesert dazeは台風のためにキャンセル。代わりにライドが出たとか!)。これだけのフィードバックがあるのなら、戻ってくる日も近いのでは、と期…

Friends and lovers (フレンズ・アンド・ラヴァーズ)ークラウンハイツ

Friends and lovers (フレンズ・アンド・ラヴァーズ)ークラウンハイツ
クラウンハイツ地域には殆ど行かないのですが、このfriends and loversだけは特別です。このバーの他には、殆ど何もない地域ですが、月に一度のソウルナイトが人気でした。夜の10時以降から$5のチャージがかかりますが、どこからともなく人が現れて、行列を作るのです。ソウルナイトは、みんな踊る気満々で、フロアは大混雑、飲み物も、なかなか頼む事ができません。
http://www.fnlbk.com/parties















DJナイトは、夜10時以降、その前はコメディショーをやっています。レギュラーは以下http://www.fnlbk.com/new-page-1Andre medrano とmaggie maxwellがホストするwould you rather showを見ました。コメディアンにwould you rather——と2つの選択を出し、どちらが良いか話します。例えば、
would you rather BBQ with holy guacamole or picnic with blessed dressing? Rock a sweet farmers's tan or a sinister goggle tan?
などです。日本人にはわかりにくいですが、BBQとピクニック、holyとBlessed、sweet farmers, sinister goggleを掛けているのですね。考える方も頭使いますね。そんな感じで4組のコメディアンに質問するのですが、一番面白かったのがdaily showやcomedy centralのMatt Koffと言うコメディアンでした。サラッとブラックユーモアを言ったり、間の取り方や話が上手いのです。話上手な人は、場数を踏んでいるのでしょうね。月一で3年やっているそうで、ホストの2人も慣れている様子でした。

その後はダンスナイトで、椅子をサッと片付けていました。バチェラットパーティの一行がリムジンで乗り付けたり、蝶ネクタイをつけたドレスアップした男の人が、セキュリティガイだったり、10時を過ぎるとまた違う雰囲気になり、ダンスしたい人にはオススメです。


Friends and lovers
641 Classon AveBrooklyn, N…

New sounds live -Steve reich @brookfield place (バッテリーパーク)

New sounds live -Steve reich @brookfield place (バッテリーパーク)





10/11に、NYのカレッジラジオWNYCがNew sounds and sound checkをキャンセルすると言う、衝撃ニュースが飛んだ。
http://www.brooklynvegan.com/has-wnyc-cancelled-new-sounds/
New sounds and soundcheckは、John Schaeferが、1983年からホストするラジオショーで、NYの冒険的、実験的アーティストのパフォーマンスを、大きなコンサートホールから小さなクラブでホストもしている。これだけの為にWNYCを聴いていると言うファンもいる(私)。https://www.newsounds.org/shows/newyorknowのラインナップを見ればわかるが、Ecstatic Music FestivalやLaural halo, my brightest diamondなど、Eclecticなアーティストを取り上げている事がわかる。ここで、玉手箱のような、良質音楽が紹介されているのだ。












音楽時代の終結と言ってはいるが、これは流石に痛い。皮肉にもその4日後に、ダウンタウンのブルックフィールド・プレイスにあるウィンター・ガーデン(内装はトロピカルだが)で、new soundsが毎年ホストするコンサートがあった。今回は、ミニマリストコンポーザーのスティーブ・ライヒの曲を、NYのオーケストラグループ、アンサンブル・シグナルが演奏するものだった。1日目は、Music for 18 musicians (1974-1976)、2日目は、My Name Is (1967)Piano Phase (1967)Four Organs (1970)New York Counterpoint (1985)















こんな豪華なコンサートが、フリーなのだから、NYはやめられない。会場は、満員で座る場所も全く見つからないので、2Fに行ったり、一番前に行ってみたがX。強引に、一番前の椅子のその前に座ってみたら、良く見える。

ブルックフィールドプレイスから、コンサートに来てくれてありがとうの挨拶の後、John Schaeferが登場すると、割れるような拍手が起こった。そしてスティーブ・ライヒ…

Kichin (キチン)ーブッシュウィック

Kichin (キチン)ーブッシュウィック
Baby’s all right(http://babysallright.com)という音楽会場には、良くバンドを見に行くのですが、レストランにもなっていて、美味しそうなアジアンフードがサーブされていました。行くたびにメニューが少しずつ変わっていて、楽しみにしていたのですが、最近babysから独立して、自分でお店を持ったと聞きました。





お店の場所は、やはりブッシュウィック。wondervilleからも近く、最近のヒップな場所なのでしょう。三角地帯がお店になっていて、ガラス張りのお店の周りを歩けます。予約をしていないと入れないほど、人気店のようです。









アジアンフュージョンメニューは、ウィング、カリフラワー、ムール貝、ライスケーキ、魚の丸焼き、ポークベリー、ジャプチェ、キムチフライドライスなどなど、丁寧に作られたメニューです。サワドーブレッドにアンチョビバターが付いていたり、付き出しにホワイトビーンズのピクルスが出たり、新しいです。








ドラフトビールはは地元のヒップスターブリュワリーのグリムや、アップステイトのハドソン・ヴァリー、ロサス、タイアード・ハンドなどがあり、招きワンコ(lucky dog)などの缶、ボトルもあります。カクテルは、ビーツジュースが入った、ジンベースのベルベット・オウガーが、魅力的でした(色が鮮やか)。ナチュラルワインも揃っています。






ベイビーズにあった頃はカジュアルなイメージでしたが、新しいお店はとてもファンシーで、ポーションも小さめです。味はパワーアップしています。
予約をした方が確実ですが、1人、2人ならカウンターに座れる事もあります。壁のアートも素敵で、ガチャガチャと揺れる人形で、インフォメーションを作っているのも、可愛かったです。慣れてくると、うざくなりますが(笑)。



Kichin
1264 Myrtle Ave, Brooklyn NY, 11221347 405 8948Mon- Sunday                                                                                                              6 PM - 11 PM
https://www.kichin.nyc

Honeys tuesday v.32 10/8/2019レポート

Honeys tuesday v.32 10/8/2019レポート

Music guest:The weekend ladies & friendsContessa Stuto (cxntmafia)
DJ: yana lil jerk (all 45 rpm vinyl soul funk garage reggae, Britpop)
Takoyaki by Yoko Nips Japanese chicken currry with cream corn croquet by Kumiko




32回目のハニーズチューズデーは、ハロウィン前の大パーティーと言うことで、コンフェティやキャンディが舞い上がり、出演者が入れ替わり立ち代わり、エルスホエアからのお客さんが流れ、火曜日とは思えない盛り上がりでした。








ウィークエンドレディスは、パーティするなら彼女達に任せておけば安心、との太鼓判を持つ、安定のパーティオーガナイズ。黒いマントとサングラス、そしてお揃いのウィークエンドレディスイヤリングを付けたアリエルとテスがMCを務め、歌を歌い、ダンスし、友達が加わり、盛り上げてくれました。皆さん多才能持ってます。








そして次はContessa Stuto (cxntmafia)コンテサ。プラスサイズの彼女とバックボーカルの女の子のヒップホップ・ラップのかけあいなのですが、むっちゃ無茶かっこいいではありませんか。姉御、という感じの頼れるパフォーマンスで、こちらも隅々迄楽しませて頂きました。ウィークエンドレディスと友達なのが、納得であります。









フードは、安定(?)のたこ焼きと、ジャパニーズ・チキンカレー・クリームコロッケ入りが2回目の登場でした。フードも大忙しで、どちらもオーダーしてくれる方が続きました。リピーターさんありがたい事です。