Skip to main content

Shintaro Sakamoto @elsewhere 10/20/2019ーブッシュウィック


Shintaro Sakamoto @elsewhere 10/20/2019ーブッシュウィック


元ゆらゆら帝国の坂本慎太郎のショーがブルックリンのエルスホエアであった。ショーをしないことで有名な彼のショーと言うだけあり、チケットはすぐにソールドアウト。





私は、ゆらゆら帝国はミーのカーを聞いて、ちょっと異変なバンドがいるんだな、と思い、名前はしっかり覚えたが、そこまでフォローしていなかった。その後、坂本さんのソロがアザーミュージック・レコーディングスからリリースされた事で、アメリカ人にも人気が高かった。日本語で歌う彼が、どうしてここまでアメリカで認知されているのか、興味深かった。



そして坂本慎太郎がNYに来る、と周りが騒ぎ出し、私達は3ヶ月前から、この日をリザーブしていた。

エルスホエアは、普段より厳重なセキュリティで、動きが取れない程の混み具合だった。オープニングのsessa のゆる〜いブラジリアンミュージックで肩の力を抜き、期待感が高まった所で、坂本さんの登場。カジュアルだがスーツ姿で、ドラム、ベース、ギター、そしてフルートやサックスや、様々な効果音担当の4人編成。安定したリズム隊に、坂本さんの、ストレートに行かない歌詞と敏腕ロンサムギターが響き、フルートやサックス、グイロ、マラカスなど効果音が足されると、より声援は大きくなる。ドラムはラウンジージャズっぽく、ベースはスペーシー、そして曲はトロピカルというかグニャっとしているというか、坂本さんのチャーミングな声とコーラスは美しい聖歌隊のようで、重いのか軽いのか、今まで聞いた事のない、サイケデリック変則的曲が面白かった。ギターが轟くたびに、効果音が入るたびにオーディエンスから大歓声が起こり、ヨラテンゴなど、たくさんのミュージシャン、アーティストたちも見にきていた。最初から最後まで、坂本慎太郎の世界が詰まっていた。
















物販は、CDやレコードの他に、坂本さんのスケッチブックも売られていた。ビーチで寝転がっているガイコツ顔のメンバー4人というトロピカルアートTシャツと、750枚のスケッチを集めたブックも販売していた。





アメリカはサンフランシスコ、シカゴ、NY3公演だけらしかったが(LADesert dazeは台風のためにキャンセル。代わりにライドが出たとか!)。これだけのフィードバックがあるのなら、戻ってくる日も近いのでは、と期待。









Yoko Sawai

10/21/2019


By

http://4533studio.nyc/


What’s honeys tuesday:


http://4533studio.nyc/honeystuesday.html

Comments