Skip to main content

Honey’s tuesday vol.37 - 3 year anniversary march 10th 2020 レポート

Honey’s tuesday vol.37 - 3 year anniversary march 10th 2020 レポート


Honey’s Tuesday 3 year Anniversary 

—Ceremony—


Visual work by Aki, Yurihyang, Carmen, Semi, Dropout, Ume and Arii

Clothing by neutral lab

Live music by Minami and Chuya

DJ by Joe Kobayashi


Takoyaki by Yoko nips

Stuffed Roti Mataba by Mony (Little Tiffin)

Three colored bowl by Kumiko

3 year anniversary cocktail by Honey’s 











3年前に始まった月一たこ焼きイベント、ハニーズ・チューズデーは3周年を迎えました。今月の第二火曜日は3/10で、記念イベントとして、クリエイター達の創作ヴィジュアルワーク、「セレモニー」を開催しました。


neutral labの洋服を着たモデルさんが、太鼓の音に合わせて、巫女イメージで登場します。鏡と木の枝を交換し、おはらいし、ヴィジュアルがモデルさんの真っ白な洋服にあてられます。ヴィジュアルは少しずつ変形していくパターンで、着ている洋服がキャンバスになり、立体的に映ります。様々な色とスポットライトが、ヴィジュアルやモデルを引き立て、環境音楽、太鼓と鈴の音、清らかな出立と動きが一つになり、心が浄化されるようでした。ヴィジュアルワークを担当してくれた、あきちゃん、シロちゃん、マイク、シャロンの作品が一つになり、洋服と音楽のコラボ。チームのアイディアと作品で、3周年にふさわしいセレモニーとなりました。


セレモニーのテーマは

“neutral lab 中庸/本来の自分への帰還“

心地よく やさしい気持ちで ありのままに


古人たちが当たり前のように使っていた、目に見えないものを見ようとする力、本能、直感を呼び起こす儀式 日本神話「古事記」より、天照大御神を祈祷主とし、式を構成しました


温暖化、コロナウイルス、政治経済、日々不安に感じる情報が飛び交う中、日本では東日本大震災3/11/2011 より9周年でもありました 世の中全てのみなさまの心身の健康、平和、安全を、私たちなりに祈祷させていただきました



The theme of the ceremony was “neutral lab”.


It is to remind / awaken our instinct / intuition so that we can return to our original state.  Liberating one from stereotypes and celebrating finding one's own joy, comfort & authenticity, while uniting as one.



We could be easily disturbed & face fears on a daily basis due to global warming, virus, politics, economy uncertainty.  It was also the 9th year memorial day of the massive disaster, 3/11/2011 in Japan. 


“Amaterasu Omikami”, the goddess of the sun and the universe from Japanese myth was the main prayer of the ceremony. Prayer took place for everyone’s health, safety and peaceful daily life from our interpretation of Japanese Shinto. 




























ライブミュージックは、neutral labの洋服を着たみなみ&ちゅーやが登場。この日のために結成してくれたと言っても過言ではない、今回初めてのショーでした。スツールに座っての、ギターの弾き語りデュオ。二人の甘い声とハーモニー、そしてたまに入るハーモニカが、ほんわかして、大阪のムジカジャポニカで演奏しているような雰囲気を醸し出していました。スポットライトが洋服に当たって、より洋服を引き立てていました。誰が着ても似合うのですね、確かにneutral











フードは、3周年に合わせて3ベンダーが登場しました。イベントの裏タイトルにもなっているたこ焼きは、フル回転で、飛ぶように出ました。3年目の安定でしょうか。サイドには、去年BJが作ってくれた、たこ焼きビデオが流れていました。そしてゲストベンダー、リトル・ティフィンのモニーちゃんが初登場で、スタッフド・ロティ・マタバという、タイのカレーパンケーキのような美味しいフードを提供してくれました。サイドに付いてるピックルス達と一緒に食べるそうです。そして常連のくみこシェフからは、3周年に合わせて、3色そぼろボウルが登場です。鳥そぼろ、スクランブル卵、スナップピーに紅生姜、のり、山菜が乗っていて、味もしっかり効いていて、いくらでも食べられそうでした。スナップピーのシャキシャキ感がたまりません。日本っぽいのですが、どこかくみこシェフのアイディアが効いていて、間違いなし。





















ハニーズからは、3周年カクテルとしてYoko’s mojotoが出来ました。

ミードに沢山のシソの葉が入った、低アルコールのカクテルです。お酒があまり飲めない方&女子に大人気でした。女子心のわかる、可愛いバーテンダー、アリソンのアイディアです。







最初から最後まで(セレモニーの間も)、会場を盛り上げてくれたのはDJ Joe君。ジョー君に任せておけば、大丈夫なくらいな安定DJさんです。思えばジョー君には、過去に何度もハニーズ・チューズデーでプレイして頂いて、毎回裏切りのない、ダンサブルですが、抑えるところは抑える、DJの鏡のような、雰囲気を作り出してくれるのです(トイレにも行かず4時間ぶっ通しで)。セレモニーの間の曲選択も、雰囲気にぴったりで、どこから探してきてくれたのでしょうか。11時に終了のはずのイベントは、午前2時前まで、ダンス・パーティになっていました。





盛り盛りのイベントでしたが、参加して頂いたクリエイターの方々&お客様のお陰で、メモリアルな時間になりました。可愛い女子が多く、洋服も皆さんとてもお似合いでした。ニュートラルカラーがメインという事ですが、インディゴなどの色もあり、いろんな着方が出来、着ていて心地よさげな neutral lab。着ている人でイメージが変わるのですね。ポストカードも素敵で、他の洋服も見たくなりました。








ハニチューはマンスリーイベントです。来月は4/14。今回とはガラリと変わって男臭いイベントになります()。お楽しみに。



Yoko Sawai

3/11/2020



By

http://4533studio.nyc/


What’s honeys tuesday:


http://4533studio.nyc/honeystuesday.html

Comments