Skip to main content

NY shutdown #6

NY shutdown #6




5月になった。3月中旬から始まったコロナヴァイラス隔離生活も一ヶ月半になリ、朝起きなくて良い、何もしない生活がデフォルトになった。

天気が良くなってきたので、人は外に出ているし、マスクをしているだけで、あまり普段と変わりがなくなってきた。バーのカクテル、ビールなどのテイクアウトも流行っていて、週中、週末関係なく昼から列ができている。買っても中で飲めないので、結局外で飲むのだが、警察に止められることはないらしい。この状況なので、警察も見て見ぬ振りなのか、ニューヨークもニューオリンズみたいになってきた。









バスは無料になり、地下鉄は、15ヶ月かかると言われていたLトレインのトンネル工事が12ヶ月で終わり、夜中1時から5時にサニタイズをする為に、24時間営業が一時停止になっている。
学校からは月曜日から金曜日まで食事が支給され、$1200のチェックが送られ、失業保険にはプラス$600が毎週支給されている。アンチボディ(抗体)テストも無料でできるようになった。お金を使う所がない。

というわけで、ニューヨーカー達は、グローサリーショッピングに精を出し、料理の腕を上げ、パンやケーキなど、ベイキングする人が増えた結果、小麦粉が品切れ状態。私は、たこ焼きの小麦粉を買いに行こうとしたら、どこのスーパーも売り切れていて、はて、と思ったのであるが、私も最近パン作りにはまり、毎日のように酒粕ミルクパンを焼いている。知人が、ブッシュウィックに酒ブリュワリーをオープンし、よく酒粕を分けてもらっているが、オープンしたとたんにこの状況。が、最近デリバリーを始めたところ、結構オーダーが入っているらしい。近くのファンシーなペイストリー屋さんは、普段より忙しい、と言っていた。買いに行ったら、そこだけ行列ができていたし、自分のため、というより、お土産や人に送るものが売れているらしい。公園に行くと、お花見しているグループもいたし、そろそろ自炊に飽きてきた人が外に出始め、ちょっとファンシーな食べ物やカクテルに、お金を使うようになってきたようだ。













音楽ライブは、今年はお預けという噂が流れる中、ミュージシャンはライブストリームをしたり、インスタをあげたりしてはいるが、それが、オンラインの売り上げにつながれば良し。毎日のように新作はリリースされているが、ライブ活動はできないので、オンラインだけでの売り上げとなる。バンドキャンプは、3月20日に手数料を無料にする日を設けた。ここでは、430万ドルを集め、プラットフォームの歴史上最大の販売日となった。 音楽、商品からの収益は、24時間でバンドキャンプの通常の15倍になり、1秒間で11アイテムが販売された。これを受けて、5、6、7月の第一金曜日も、手数料を無料にする日を設けた。このように、音楽プラットフォームも少しずつ動き始めている。

普段に近づいているようだが、人に会えないのが辛い。アパートの前で、6フィート離れて話したり、窓越しに話したりはするが、一緒にジャムしたり、遊びに行くのはまだ遠い。外に出る時は、マスクやフェイスカバーをつけ、手袋をしている。マスクも無料で配られている。

5/2現在でのコロナウイルス統計:ニューヨークでの流行の追跡


Pasted Graphic.tiff


ニューヨーク市では、17万人が感染して、2万人弱が死亡している。私の周りにはかかっている人はあまりいないが、病院には、霊柩車がいつも止まっているし、先日ユダヤ人の大規模なお葬式がウィリアムスバーグであり、ソーシャルディスタンスが守られていない、ということで、デブラシオ市長が怒っていた。




またニューヨーク図書館が、「失われたニューヨークの音」というサウンドトラックをリリースした。
アンダーグラウンドショーを見に行く音、ラッシュアワーの音、公園の音、夜のバーの音、タクシーを呼ぶ時の音、近所の音、図書館の中の音、などなど。普通な音が懐かしいと思うのも、こういう時だからこそ。




Yoko Sawai 

5/3/2020


By

http://4533studio.nyc/


More about Yoko Sawai

https://yokos555.wixsite.com/yokosawai



Comments