Skip to main content

NY 2020 ホリディシーズン 

NY 2020 ホリディシーズン 

NYは、サンクスギヴィングが近づき、ホリデイモードのはずが、コロナヴァイルスのスパイクで、今年は実家に帰らない人も沢山。ホリディマーケットもなし、イベントもなしで、うきうきモードも特にない。レストランは、9/30から、25%のキャパで、ようやくインサイドダイニングが始まったと思ったら、スパイクのせいで、11/13(13日の金曜日)から、夜の10時以降は、アルコールを提供してはダメ(テイクアウトはそれ以後も大丈夫)、というクオモ知事の命令がでた。なので、10時になると、みんな家に帰らなければならない。今までショーの後、12時頃からご飯を食べに行っていた、お気に入りのレストランにも行くことがなくなった。レストランは、インサイドは、25%なので、入れない人は外でご飯を食べることになる、外にヒーターをつけたとしても寒いのだが。レストラン毎に、いろんな知恵を絞り、お客さんに来てもらう努力をしている。アウトサイドのパテオの上に電気のヒーターをつけ、周りをビニールで囲み、バーサイドだけオープンにする、これが一般的。中には、バックヤードに、かまくらドームを作ったり、コタツを外に置いたり、ホットポット(鍋)をはじめたり。ショーがないので、友達に会う所は、レストランかバー、もしくは家になるので、どこのレストランに外にヒーターがあって、インサイドダイニングがあって、などという情報が重要になってくる。毎日天気に左右されるのも特徴で、今日は雨だから、レストランを閉める、という所も多い。お客が見込めないなら、閉めてしまえ、ということだ。私はたこ焼きポップアップを、パンデミック中に始めたが、熱い食べ物なので、寒い時によく売れるかと思えば、寒いと売れない。そもそも、人が外に出ない。














先週末は、初めてマンハッタンでストリート・フェアに参加したが、今までで一番売れた。初めての場所は、一般的によく売れるが、天気がよく、気温も高かったからだ。友達は、オイスタービジネスをやっているが、寒い中では、生カキが売れない。が、オイスターショットは売れる。寒い地域の人が、ハードリカーを飲む気持ちが、わかったような気がする。体がポカポカしてくるのだ。どちらにしても、外でのイベントは、終わりに近づいている。12月は、もうポップアップも難しいだろう。














ライブストリームが王道になってから、8ヶ月ほど過ぎたが、今でもライブストリームを見ることは滅多にない。なんだかんだで外に出ているし、ライブが一番好きなので、月一でイベントをしているハニーズで、11月に初めてライブ・ミュージック・イベントを組んだ。アコースティックセットだったが、久しぶりに公共の場で見るライブセットは、心に響いたし、みんなが同じ時間を共有している感が好きだった。ライブを見たいなら、後で、誰かがあげたインスタライブを見れば良いのだが、結局同じ場所にいて、集まる場所が好きなのだ。こんな状況なので、イベントに来ない人も多いし、マスク着用、ソーシャルディスタンスをとり、着席しなければならない。最近は、周りの友達がプライベートでショーをしているので、それを見ているくらいで、新しい音楽はなかなか耳に入ってこなくなった。が、新しい音楽は、どんどんアップされている。家にいて、オンラインで音楽を見つけることに慣れなければ。と思っていたら、アースイーターのアレックスと、お気に入りのレストランでばったり。彼女は友達のバースディ・パーティで、私は、イベント後のご飯。前作の日本盤のライナノーツを書いた話や、6年前に日本のバンドをNYに呼んで、一緒にライブした事、彼女が参加してくれたイベントをオーガナイズした事など、彼女も私もNYインディシーン歴が長いので、話は絶えなかった。私の友達と大親友という事が判明し、今は、その友達とダンスプロジェクトを始めているよう。こういう事があるから、外出してしまう。人に会い、そこから音楽を見つけていくのが、今までのやり方だったが、この冬は、ずっと家にいる事になるだろう。今のうちに、外に出て、クリスマスツリーの匂いを嗅ぎつつ、家で過ごす時間を充実させ、独特な今年のホリディを楽しむ事にする。












Yoko Sawai
11/23/2020

Comments