Skip to main content

Posts

Tradesman (トレードスマン)ーブッシュウィック

Tradesman (トレードスマン)ーブッシュウィック
モントローズ駅近くに、トレードスマンはあります。友達の友達がやっているバーで、何度か来たことはありましたが、オーナーと話すのは初めて。ラリサとジョンのカップルが暖かく迎えてくれました。ジョンは、昔ブラスバンドをやっていて、私の友達と一緒にプレイしていたらしく、改めて、バーのオーナーは音楽関係が多いのですね。トレードスマンはバーですが、土日はブランチ、木、金はコリアンーコロンビアンフードのポップアップがあります。平日はドリンクのみ。












クラフトビールは、ヴィクトリー、ナイトシフト、シガーシティ、ラガニタスなど、カクテルは、モスコミュール、スプリング・フリング、ストロベリー・マルガリータ、パイナップル・ダイキリなど、トロピカルなものが多かったです。ハッピーアワーはいくつかのビールが$4になります。




バックヤードがとても広く、良い感じに置かれたテーブルで、くつろぐ事が出来ます。テーブルに穴があったので。ブランチ時はパラソルが設置されるのでしょう。ブランチ、是非来てみたいですね。平日の夜なのにお客さんはどんどん増えてきました。時間貸しのスウェットショップに近いので、練習が終わったミュージシャン達がよく来ています。バックヤードは、曲を書くには最高のロケーションかもしれません。



駅近で、寛げて、週末はローカル産の新鮮なフードが頂けるのは、ありがたいです。不定期でDJが入るのでこちらも楽しみです。

Tradesman222 bushwick AveBrooklyn, NY 11206718-386-5300M-Th   5p–2amFri       1p–4amSa+Su 12p–4amhttp://tradesmanbar.com
Yoko Sawai6/26/2019
Byhttp://4533studio.nyc/
What’s honeys tuesday:
http://4533studio.nyc/honeystuesday.html

Recent posts

番外編 NOS primavera sound & Porto ポルトガル

番外編 NOS primavera sound & Porto ポルトガル

6/6-8に、ポルトガルのポルトで行われた、プリマベーラ・サウンドに行ってきた。 https://www.nosprimaverasound.com
バルセロナから始まったこのフェスは、 https://www.primaverasound.co

アップカミングのインディロックから、経歴あるアーティスト、レゲエ、ヒップホップ、ソウル、R&B、フラメンコ、パンクなど、ラインナップの多様性と環境の良さで知られる。2020年にはフェスが始まって10年目にして、LAで開催されることが発表された。これから更に開催都市も増える模様。 今までプレイしたのは、ピクシーズ、アルケード・ファイア、ナショナル、ナイン・インチ・ネイルズ、ケンドリック・ラマー、ニール・ヤング、テレビジョン、ディ・ーボ、スワンズ、キャット・パワー、ペイブメント、クイーン・オブ・ストーン・エイジ、ペット・ショップ・ボーイズ、ソニック・ユース、キュア、スピリチャライズド、レディオ・ヘッド、ブラー、ウータン・クラン、ジーザス・アンド・メアリー・チェイン、シガー・ロス、アニマル・コレクティブ、テーム・インパラ、サイキックTV、デラ・ソウル、ラ・ブエナ・ヴィダ、ホワイト・ストライプス、マジー・スター、ティンダースティックス、パルプ、パティ・スミス、PJハーヴェイ、パブリック・エナミー、ルー・リード、マリアンヌ・フェイスフル、イギー・ポップ&ストゥージーズなどなので、ラインナップの良さがわかるだろう。


























バルセロナには今までに2回行ったが http://heapsmag.com/indie-music-spain-primavera-sound-2016-report
ポルトは今回が初めて。ポルトでは、Parque da Cidadeという起伏と芝生のある広い公園で行われ、ステージは、Nos stage, Stage seat, Super bock stage, Palco pull & bear, Primavera bits stageの5つがある。そこをプログラムを見ながら、行ったり来たりする。遠くからも音がクリアに聞こえるので、シートをひいてピクニックしている人も多数。appがあるのでそこに自分のお気に入りを登録しておくと、ノーテ…